(せ) 窃盗(万引き)


「黒い教室」 やみげん校長 特別レポート


「黒い教室」のやみげん校長から、万引きに関する興味深い特別リポートをいただきましたので公開いたします。

 ← やみげん校長の「黒い教室」はこっち





【万引き発生月にみる、女教師の精神状況】

件数は、女教師研究所記事によりカウント。
重複は、一人の女教師が複数月に渡って万引きしたもの。
福岡県行橋市立中学校の女性英語教諭(44歳)のケースで、「2005年夏ごろにも万引で県警の調べを受けたことがあり」とあるが、この先生は常習者であり、また正確な発生月も不明なためデータからは除外した。



   グラフ作成; やみげん校長



(レポート本文)

一見して、気がつくのは7月、8月、12月の0件。
やはり、夏冬のボーナス直後で懐が潤っている時期には、万引きに走らないというのが素直な見方であろう。
熊本の公立中学の女性教諭(30)が6月23日にホームセンターで万引きしているが、これも日付からいってボーナス直前と思われる。

もう一つの見方としては、夏冬の長期休暇でストレスが軽減されているであろう時期、少なくとも生徒、保護者との接触を持たずに済んでいる時期には、万引きが起こらない、というもの。
私はこちらの説を大いに支持するのであるが、このことで10月の突出した件数も説明がつく。体育祭、学園祭、進路決定等、通常以上に気を使うこの時期が、万引き発生のピークと符合しているのだ。

いずれにせよ、夏休み中に女教師の万引きを目撃して、新学期明けにそれをネタに脅すという設定は“ウソっぽい”ということになる。



(以下創作)

そう、たしかに街のスーパーで女教師は万引きをしていた。
あの日はきっと、失恋のショックと、連日の猛暑で、いつもの自制心が薄れていたのだ。
幸い、店員に見つかることもなかったが、盗んだ文具品は、今も使わずに置いてある。
後になって、自分でもなぜ万引きをしたのか、悔やまれてならない。
だが、間違いを犯してしまったのは紛れも無い事実だった。

その現場を、よりによって学校一の悪である黒川に見られていたとは!


(以上、創作)

おいおい!女教師は夏には万引きしないんだぜ!
「万引きネタは秋」が正解。



------------------------------------------------------






やみげん校長どの、お見事なレポート、大変ありがとうございます。
所長も、2007年6月の熊本のキャッシュカード窃盗事件で、事件の発生日とボーナス日(給料日)との因果関係があると感じていましたが、万引きについて、ほぼはっきりしましたね。
もう一つの見方、なるほどですね。
校長どの、大変ご苦労様です。






ご意見・情報をお寄せください。
mary_kay@infoseek.jp


戻る  Top  Home



inserted by FC2 system